麻生むつみ保育園の教育方針

麻生むつみ保育園は、園児&保護者を精一杯サポートするという 「サービス」の精神、常に園児&保護者の立場に立ち、地域のお役にたてる保育サービスを目指します。 そして、豊かな発想と誠実な仕事を生み出す前提となる、下記を品質方針とします。

<品質方針>
心の力・学ぶ力・体の力を重視した子どもの可能性を引き出す保育をし、
且つ保護者とのコミュニケーションの確保に努め、
保護者の満足度と感動を高めるサービスを常に提供し続けます。

そのために、私たちは次のように行動します。

  1. 品質マネジメントシステムを構築するとともに、そのシステムの有効性を保持するために継続的な改善策を図ります。
  2. 品質方針に基づき、測定可能な品質目標を定め、必要に応じて見直します。
  3. サービスの提供にあたっては、関係法令を遵守するとともに、公平性と透明性の確保に努めます。
  4. すべての職員に品質方針を周知し、職員はこれを意識し、行動し、組織の活性化を図ります。
  5. 品質方針は、適切な保育を執行するために必要に応じて見直します。
  • ■豊かな自然の中で、四季折々の季節の行事を取り入れた教育をしていきます。
  • ■『子どもは誰でも天才!』であることを主旨に取り入れています。
  • ■『音楽を通じて美しい心を育てる』ことを主旨に音楽リズム教育を取り入れています。
  • ■『子ども達の可能性は無限大!』であることを主旨に取り入れています。

麻生むつみ保育園は、すぐれた保育・教育環境と恵まれた自然環境を十分に整えた上で、 心身ともにバランスのとれた子どもを育成することを保育の方針としております。毎朝の体育ローテーションや平仮名・ 漢字のフラッシュカード、これらの活動はすべて、 子どもたちの興味や発達に合わせて生活の中で楽しみながら学ぶことを教えています。 知育偏重にならないように気をつけながら、テンポよく毎日繰り返すことによって習慣化する。 こうして様々な能力や考え方が生活の中で自然に身についていくのです。

また、給食の時、自然の恵みや生命の尊さを思い、用意してくださった方々の労苦への感謝の言葉を唱えた後に 「いただきます」の挨拶をする。こうした意味もきちんと子どもたちに伝えるようにしております。 また、様々な毎月の行事体験学習を通じて日本文化の意味を理解していくことも重要であると考えております。 園に咲いている花をみたり、野原を散歩したり、イモほりをしたりして 様々な野菜や花々を自然に学習できるそんな楽しい想い出に残る保育園をめざしております。

2013年4月1日
社会福祉法人 麻生むつみ保育園

保育園とは?

  • ■保育とは、養育および教育であり、子どものうちにあるものを引き出すための教育の場です。
  • ■保育園は、お母さんが労働に従事したり、病気等のために、家庭で保育ができない場合に、家庭にかわって保育します。
  • ■当保育園では、養育と教育が一体となった豊かな人間形成の場として、また家庭教育の延長の場として、情緒ゆたかな児童の育成に努めています。
  • ■0歳から6歳までの児童が、規則正しいプログラムの中で、友だちと一緒に遊んだり、学んだりする保育園生活は、丈夫な身体や自尊心、思いやり、協調性を身につける『育ち会い』の場です。
  • ■当園は、認可園です。
  • ■保育園では、基本的な生活習慣を家庭と手をとりあって身につけていきます。
  • ■当園の休園は次のとおりです。
  •  
    • ◆日曜日・国民の休日 
    • ◆年末年始